敬老感謝愛さん会

敬老感謝愛さん会を、9月25日の礼拝後に開くことになりました。

このための準備に入っています。

19日 朝 黙想している中で 下記にあるヘルマン・ホィヴェルス「人生の秋に」の本の中にある「最上のわざ」の詩を思い起こしました。

 

最上のわざ―ヘルマン・ホイヴェルス「人生の秋に」より 


この世の最上のわざは何? 楽しい心で年をとり, 
働きたいけれども休み, 
しゃべりたいけれども黙り, 
失望しそうなときに希望し, 
従順に,平静に,おのれの十字架をになう―。 若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見ても,ねたまず, 人のために働くよりも,謙虚に人の世話になり, 弱って,もはや人のために役立たずとも,親切で柔和であること―。 老いの重荷は神の賜物。 古びた心に,これで最期の磨きをかける。まことの故郷へ行くために―。 おのれをこの世につなぐ鎖を少しずつ外していくのは,真にえらい仕事―。
 こうして何も出来なくなれば,それを謙遜に承諾するのだ。 神は最後に一番よい仕事を残して下さる。それは祈りだ―。
手は何も出来ない。けれども最期まで合掌できる。 
愛する全ての人の上に,神の恵みを求めるために―。 全てをなし終えたら,臨終の床に神の声を聞くだろう。 
「来よ,わが友よ,われ汝を見捨てじ」と―。 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Y.M (日曜日, 25 9月 2011 22:40)

    老信徒の方には長年つちかわれてきた信仰があり、若者とは御霊の感化の威力が違い、力ある祈りには魂を揺り動かされるような感じもします。
    交わりを持たせていただくだけでも、生きていて下さるだけでも、感謝です。

Coming Soon!

宗教改革500周年記念集会

2017年11月5日(日)午後2時~
岡谷市諏訪湖ハイツ大会議場
諏訪地域のキリスト教会が、
教派教団を超えて、キリスト   
のもとに集います。
是非、ご参加ください!